片山祐輔を遠隔操作(なりすまし)事件で逮捕!丑田?のまねこ事件の犯人

片山祐輔

 

2月10日朝、IT関連会社社員片山祐輔容疑者(30)がパソコン遠隔操作事件で、威力業務妨害容疑で逮捕されました。マンション前には10日未明から30人以上の報道陣が詰め掛け、騒然となる中、片山容疑者は顔を伏せて、無表情のまま車に乗り込みました。

 

Sponsored Link

 

この事件は2012年、犯人がネットの掲示板を介して他人のパソコン を

トロイの木馬(トロイプログラム)に感染させて遠隔操作し、

襲撃や殺人などの犯罪予告を行ったサイバー犯罪です。

 

悪い事なんですが、世の中には頭のいい人がいるもんだなと

感心さえしていました。

 

警察やマスコミも混乱させ4人の誤認逮捕者もでました。

後に、誤認逮捕とわかり釈放されるのですが

見に覚えがないのに自白させられた人もあり

警察側の対応も問題になりました。

 

全部で13件の予告が確認されていたようですが、

うち7件が報道され、6件は当初報道されていませんでした。

 

片山容疑者が操作上に浮かんだきっかけは

1月5日、犯人からのクイズ形式のメールで

添付写真から記憶媒体のチップと共にピンク色の首輪をつけられた

江の島の地域猫を探す内容が送られ9日にその猫が見つかり警察がチップを回収。

 

 

その中のファイルには、

「以前、事件に巻き込まれたせいで、無実にも関わらず 人生の大幅な軌道修正をさせられた」

と警察や検察への恨みととれる内容が書き込まれていたそうです。

片山

 

そこで以前に一度逮捕された丑田祐輔容疑者の名前があがったのではないでしょうか。

丑田容疑者は現在、片山に改名しているようです。

 

その事件というのは「のまねこ事件」

2005年に大ヒットした「恋のマイアヒ」の空耳歌詞に合わせて楽しそうに踊る

猫みたいな熊みたいな動物のキャラクターを

商標登録してグッズを売り出したエイベックスに対して

2ちゃんねる住民から殺害予告まで出てくることになった事件です。

 

エイベックス側はキャラクターが酷似したのは偶然と言ってるようですが。

のまねこ

エイベックスの社員の殺害予告をだした犯人が

丑田容疑者だったようです。

 

知らなかったのですが、あの「のまねこ」って「モナー」って言うんですね。

アスキーアートで描かれた猫で正式名称は「オマエモナー」だそう。

 

 

この片山容疑者ってネット上では有名人みたいですね。

2ちゃんねるでは「ゆうちゃん」とか「パソコンの大先生」なんて

呼ばれてるみたいで ちょっと、怖い・・・です。

 

 

現時点では容疑を否認しているようですが

真相はどうなんでしょうね?


Sponsored Link



関連記事一覧

     

コメントを残す