金本知憲引退記念に指輪!?肩の手術は?離婚の原因は韓国?名言とは?

金本知憲

 

昨年現役を引退した「アニキ」の愛称でファンに親しまれた金本知憲さん。プロ生活21年、1492試合連続フルイニング出場の世界記録保持者です。そのアニキが引退の記念に限定600個のプレミアムリングを発売しました。

 

Sponsored Link

 

背番号6にちなみ限定600個のプレミアムリング「金本知憲公認引退記念カレッジリング」

シリアルナンバー入りで、金本さん本人が選んだ深い青のストーンを使用しました。

ストーンの周りには金本さんがプロ野球の現役生活で築き上げてきた

生涯安打数(2539)、生涯ホームラン数(476)、生涯打点数(1521)、

フルイニング連続試合出場数(1492)の各数字が刻まれているそうです。

金本記念リング1 金本記念リング2

1つひとつ手作業での生産となるために、注文から発送まで45~60日かかるそうです。

価格は60,000円。Ameba有名人SHOP限定で販売中!

 

 

今年1月23日に肩の手術をされたようですね。

9月12日の引退発表から3日後、右肩の定期検査の時に医師から

「手術をしなければ、1年後には肩が上がらなくなる」

と言い渡されていたそうです。

術後の感想は「痛かった」だそうです。

「もう手術はごめんだ、健康第一!」と言われていました。

 

 

金本さんのご両親は韓国の方です。

金本さんは在日韓国人3世になります。

2001年に日本人の女性と結婚する時に、日本に帰化しました。

本名は金知憲(キム・ジホン)さん。

 

その奥様との離婚の噂があります。

現在は同じマンションの別の階に住んでいるとか。

子供さんの関係でしょうね。

 

 

原因は金本さんの浮気ではないかと言われています。

若い女性が金本さんの部屋に出入りしているとか・・・・。

 

しかしながら、本人の口からは一切離婚の話は公表されていないので

真実はわかりません。

 

 

最後に金本アニキの名言を。

「何事も自分で無理だとやる前から結論を出してしまえば、それまでだ。それ以上の成長はない。」

「可能性がある範囲で、できるかぎり高い目標を設定することが、努力するためには必要である」

「昔やったからどうこうってのはない今なにをやってるかの方が絶対大事やと思う」

「自己限定は罪である。」

「現状に満足したらそれで終わり。」

 

努力し続けた人にしか言えないセリフです。

 

今後はフリーの野球解説者、野球評論家として

これからも野球界を見守ってくれることでしょう。


Sponsored Link



関連記事一覧

     

コメントを残す