高梨沙羅とmiwaの関係は?年齢や家族は?高校と過去の成績は?

高梨沙羅

 

5月31日の「僕らの音楽」でスキージャンプ選手の高梨沙羅さんと歌手のmiwaさんが対談されます。競技では次々と優勝している高梨さんの、16歳の女の子としての素顔が見れそうですね。miwaさんとはどんな関係なのでしょう?

 

Sponsored Link

 

高梨沙羅さんのプロフィール

 

1996年10月8日生まれの16歳

北海道上川郡上川町出身

152cm

グレースマウンテンインターナショナルスクール在学

2013年よりクラレ(化学工業メーカー)と所属選手契約

 

 

 

家族は?

 

2004年8歳の頃からジャンプを始めた高梨さん。

お父さんの高梨寛也さんは元ジャンプ選手です。

お兄さんの寛大さんは現役のジャンプ選手という

ジャンプ一家に育ちました。

 

 

生まれた時から小さく、今も152cmと小柄で細い沙羅さんのために

お母さんは食事にはかなり気を使っているようです。

 

出来合いの物は食べず、お母さんの手作りの食事が

沙羅さんの体力づくりのおおもとのようですね。

 

好物はお母さんが作った肉じゃがだそうです。

 

高梨沙羅選手

 

 

 

高校は?

 

北海道旭川市のグレースマウンテンインターナショナルスクール

在学しています。

インターナショナルスクールを選んだ理由は

海外遠征も多く普通の高校には通えないだろうということと

遠征の時に言葉に困らないように英語を学ぶためのようです。

 

 

ちゃんと先の事を考えているんですね。

しっかりしています。

 

 

そして彼女は高校に入学してたったの4ヶ月で

高卒認定試験(旧大検)に合格したんです!

すごいですね。

かなり集中して勉強したようです。

 

これで後はしっかりとジャンプに身を入れて

頑張れますね。

 

 

これまでのジャンプの成績は?

 

2010/2011シーズン、オーストリア・ラムサウで2月に行われた

スキージャンプ・コンチネンタルカップでは、国際スキー連盟公認大会での

女子選手史上最年少優勝を記録

 

2011/2012シーズンスキージャンプ・ワールドカップでは

1月8日の第3戦で初の表彰台の2位

3月3日に行われた第11戦では日本人女子選手として初優勝

 

2012/2013シーズンワールドカップでは、初の個人総合優勝を果たしました。

史上初の日本選手のスキージャンプワールドカップ個人総合優勝だそうです。

しかも16歳4カ月での達成はFISワールドカップ史上最年少記録

ということですから、すばらしいですね。

 

イタリアのヴァル・ディ・フィエンメで開催された世界選手権

個人ノーマルヒルでは女子スキージャンプ競技で

日本人初となる銀メダルを獲得しました。

 

伊藤有希選手、伊東大貴選手、竹内択選手とともに出場した

混合団体では金メダルを獲得しました。

ジャンプ メダル

日本のジャンプ界を変えてくれる存在です。

今後の活躍にも期待できそうですね。

 

 

 

miwaさんとの対談

 

沙羅さんはずっとmiwaさんのファンだったようです。

それを知ったmiwaさんが3月の日本武道館ライブに招待します。

それがきっかけで今回の対談となったみたいですね。

沙羅 miwa

 

miwaさんのデビュー曲の「don’t cry anymore」からのファンで

調子が悪い時には「chAngE」を聴いて頑張れたそうです。

 

 

そんな話を聞いたmiwaさんから

「again×again」の弾き語りを彼女にプレゼントするという

場面もあるみたいです。

 

miwaさんの元気な明るい曲が好きというところは

やはり16歳の女の子ですよね。

miwaさんとの対談では普通の女の子の部分も

見せてくれることと思います。


Sponsored Link



関連記事一覧

     

コメントを残す