高校野球甲子園の名物おじさん!?ネット裏最前列ラガーさんの職業は?

ラガーさん

 

高校野球が始まりました。今回はどこの高校が優勝するのか、どの選手に注目が集まるのか、楽しみです。しかしテレビをつけて試合を見る前にどうしても気になる事が・・・・。

 

 

Sponsored Link

 

最初はジュニア野球をやっていた子供達が言い出しました。

「高校野球でいつも一番前に座ってるおじさんがいる」

ラガーさん テレビ

 

それまでは全く気にした事もなかったので知りませんでした。

それからというもの、黄色いキャップをかぶって

ボーダーのラガーシャツを着たおじさんが気になって

試合どころではなくなりましたw

 

 

春、夏通して 毎試合この一番テレビに映る場所で

最前列の左から3番目の席で観戦されます。

それも必ずラガーシャツ!

色は色々で毎試合ごとに着替えをされます。

 

 

毎試合一日中ここに座ってるということは

仕事はしてないの?

という疑問がまず出ました。

色々調べてみると・・・・結構な有名人だったんですね。

 

 

お名前は善養寺(ぜんようじ)隆一さん。

東京都豊島区にお住まいです。

1966年生まれの46歳。

中学時代は野球部に所属していて左投左打で9番ライトだったそうです。

 

 

1999年以降は毎試合観戦していらっしゃいます。

子供のころから高校野球が好きで、ここまできてしまったと

語る善養寺さんは、三塁側ベンチのチームが負けて、泣きながら

目の前を通って一塁側の通路へ歩いていくのを見ると、思わず

「来年も来いよ!」と声をかけてしまうそうです。

 

 

善養寺さんのお仕事は実家の印刷業だそうです。

高校野球の期間中はお姉さんと、旦那さんに任せっきりだそう。

お勤めではこんなに長くお休みはできないですよね。

もしかしたらどこかの会社のお偉いさんで役員さんかなんかかな~

なんて思ってました。

 

それでもいくら実家とはいえ

ご家族はどのように想っているのでしょう?

「家族はあきれかえっています」

でしょうねw

 

 

でも、その気持ちわかります。

「選手が全力でしょ。最後まで諦めずに一球に懸ける。

その戦いに一緒に参加したいの。特に夏は、たくさんの感動がある。

大会終了時にはプレゼントをもらった気がします」

高校野球

 

そうなんですよね。

一生懸命な姿を見てるとこちらまで

気持ちが前向きになってくるような気がします。

 

 

 

善養寺さん、大会期間中はネット裏入口の8号門近くに野宿をして

試合観戦が終わると翌日の席取りのため並ぶという生活を繰り返して

いるそうです。

 

本当に好きなんですね。

 

 

最近はラガーさんファンもいて

私みたいにテレビをつけ、まずラガーさんを探す

という人も多いようです。

「今日は何色のシャツだろう?」って。

 

毎試合シャツを着替えるのは

ラガーさんファンのためだそうですよw

シャツは10枚ほどお持ちだそうです。

 

 

選手宣誓も国家斉唱も素晴らしかったです。

どんな感動が生まれる大会になるのでしょうか。


Sponsored Link



関連記事一覧

     

コメントを残す