北斗晶膝悪化で入院手術?病院は?原因は24時間テレビ?自宅の子供は?

北斗晶

 

現役時代に痛めた古傷が悪化し、右膝後十字靭帯損傷と右膝前十字靭帯損傷のため入院していた元プロレスラーの北斗晶さんが右ひざ十字靭帯再建手術を受け無事に終った事を発表しました。

 

Sponsored Link

 

北斗晶さんといえば「デンジャラス・クィーン」と呼ばれ

2002年まで女子プロレスで活躍していました。

デンジャラス・クィーン

格闘技に怪我はつきものです。

現役時代に傷めた膝が今になって悪化していたのですね。

 

 

元々悪かった膝をさらに追い込んだのは

昨年の24時間テレビの親子で走ったマラソンが影響したのでは

ないだろうかと言われています。

 

年齢、というのもあるでしょうが

やはり、ちょっと無謀だったのではないかという声もあります。

 

膝への負担も考えて減量もしたようですが

やはり一度ダメージを受けた膝にはきつかったのかもしれません。

 

 

2月12日にはブログで右膝後十字靭帯損傷、右膝前十字靭帯損傷の治療のため、

しばらく仕事は休みますと発表していました。

歩くのもやっとの様子です。

 

右膝の靭帯が切れているため、左脚から靭帯を移植するという

再建手術が今回行われました。

1、2ヶ月は入院が必要らしいです。

 

復帰できるようになるまでには3ヶ月かかるようですが

許可がでれば仕事にも顔を出したいといっていますが

これ以上無理しないでくださいよ!

 

旦那の佐々木健介さんは心配で心配でたまらない様子。

「鬼嫁」なんて言われてますが

本当は北斗さん、すごくいい奥さんです。

夫婦もとっても仲がいいですし。

 

今回の入院も自分がいない間に健介さんが浮気するんじゃないか

って心配してるようですが、健介さんはそんな人じゃないでしょうw

佐々木健介

 

子供達もしっかりしたいい息子達。

ちゃんとお母さんの留守を守ってくれることでしょう。

親としてはやっぱり子供の事が一番心配ですから。

3ヶ月も家をあけるのは辛いでしょうね。

でも、子供たちに味噌汁の作り方は教えてあるそうですから

大丈夫、って言ってました。

佐々木家

 

入院中に次男が誕生日を迎えるそうで

その時は外出許可をもらって家に帰りたいと語っていた北斗さん。

優しいお母さんですね。

 

病院名はもちろん公表はされていませんが

子供達も行き来できるように

自宅からそう遠いところではないんじゃないでしょうか?

 

しっかり直してまた家族でテレビに出てくださいね!


Sponsored Link



関連記事一覧

     

コメントを残す